症状が気になって病院に行ったら何でもなかった経験談

症状が気になって病院に行ったら何でもなかった経験談

毎年、健康診断を受けていればある程度の病気はカバーできそうですが

■ 女性 40歳
毎年、健康診断を受けていればある程度の病気はカバーできそうですが、私のように会社にそういった制度がなく、自分自身でのメンテナンスが必要な人にとっては、気になった時に病院へ行くというのが常になっています。
でも、病院というのは何となく行くのが嫌なものです。
できることなら行きたくないと思って引き延ばしてしまいます。
以前から足の向う脛部分に気になるシコリがあって、それが何だか大きくなった気がしてきたので、意を決して行ってみました。
気付いたのは、足のマッサージをしている時でした。
今、ふくらはぎをマッサージするという健康法が流行っているので、やってみるとコロコロ動くものがあったのです。
他の人に聞いてもそんなものはないというので、もしかしたら腫瘍かもとビクビクしていました。

注射器でそのシコリの組織を取ってみて検査したところ、なんと血の塊と判明。お医者さん曰く「強い打撲等で内出血した血の塊がそのままコロコロしているだけなので、放っておいて大丈夫」と言われました。
そういえば強く蹴って痣ができた時があったと思いだし、何だか恥ずかしくなった体験談でした。

オススメのサイト

Copyright (C)2017症状が気になって病院に行ったら何でもなかった経験談.All rights reserved.