症状が気になって病院に行ったら何でもなかった経験談

症状が気になって病院に行ったら何でもなかった経験談

何か月か前から、夕方になると頭痛がするようになりました

■ 女性 33歳
何か月か前から、夕方になると頭痛がするようになりました。
ガンガンするような激しい痛みでは無いけれど、圧迫されているような重たい痛みが、ほぼ毎日のようにあるのです。
頭重のせいで気分も重くなり、家事も億劫で全くヤル気も出ません。
何か解決策は無いかネットで調べてみると、頭痛を伴う病気がたくさん有ることが判りました。
中にはすごく重大な病も有って、たかが頭痛と甘く見てはいけないそうです。
それを読んで私も急に不安になりました。
脳梗塞やクモ膜下の前兆では無いか、もしかしたら脳腫瘍かなどと、毎日悩むようになったのです。

友人や家族に相談しても、とにかく早めに病院で検査した方が良いと言うので、近所の大きな病院に行きました。
医師も頭痛は様々な病気が隠れている場合が有るので、念のために脳のMRIも取りましょうということになったのです。
MRIなら脳血管の状態も鮮明に見えるので、脳梗塞などの前兆の場合は、すぐに判ると言われました。
生まれて初めてMRIを受けたのですが、30分ほど寝たままで身動き1つ出来ず、検査中ずっと大きな音がして驚きました。
他にも血液検査などいろいろ検査したけれど、血管も正常で、どこにも全く異常が無いと言われました。

おそらく肩こりから来る、一種の緊張型の頭痛と言われ、肩や首をマッサージすると、頭痛もかなり楽になりました。

オススメのサイト

Copyright (C)2017症状が気になって病院に行ったら何でもなかった経験談.All rights reserved.