症状が気になって病院に行ったら何でもなかった経験談

症状が気になって病院に行ったら何でもなかった経験談

ちょうど一年ほど前

■ 女性 49歳
ちょうど一年ほど前、冬から春にかけて数か月の間、両方の足のふくらはぎのあたりがしびれるような感じが続きました。
時々、足の指先までしびれることもありました。
すぐに治るだろうと思っていたのですが三か月ほど続き、だんだんと不安になってきました。

病気のサイトで、同じような症状について調べてみると色んな病気について書かれており、そのうちに下半身麻痺になってしまうのではないかと心配でたまらなくなりました。
病気について色々と悩んでしまうと、精神的にも良くないものです。

悩み続けていても良くならないと思い、病院に行きました。
病院の先生によると、おそらく水分不足と運動不足でしょうと言うことでした。
たしかに、寒い冬は家にいることが多く、出かけるときは、ほとんどが車という状態でした。
運動をしていないので、体重も2kgくらい増えていました。

夏に比べると、水分を摂る機会は減っていました。
そういった事すべてが良くなかったのでしょう。次の日から、できるだけ外を歩くようにして、水分もこまめに摂るようにしました。

体重の減少とともに、足のしびれもなくなりました。
病気だと思っていましたが、ふだんの生活を改善するだけで、身体の調子も良くなることを知り、安心しました。

オススメのサイト

Copyright (C)2017症状が気になって病院に行ったら何でもなかった経験談.All rights reserved.