症状が気になって病院に行ったら何でもなかった経験談

症状が気になって病院に行ったら何でもなかった経験談

注目の情報、その他役立つ情報

何も意識していないのに

■ 男性 39歳
何も意識していないのに、まぶたがぴくぴく痙攣する症状が時々起こるようになって気になっていました。
両目にけいれんがおこるのではなく、必ずどちらか片方のまぶたがぴくぴく細かく痙攣するのです。
テレビを見ている時や仕事をしている時にはもちろんのこと、運転中などもまぶたが断続的にぴくぴくしだすと、気になって集中できなくなるので困っていました。

人と会って会話している時にもその症状が起こると「見られているのではないか」と思って、余計にストレスを感じました。
気になるのでぴくぴくしている時に鏡でどのようになっているのか確認したところ、外からはあんまり感じないくらいの微細な痙攣でした。
人に気付かれないことはわかっていても、やはりいやなものです。

症状が気になるので、病院で見てもらったら「ストレスと眼精疲労です」とのことでした。
たしかに残業が続いて仕事量も多かったので、そのせいかと思い、しばらく仕事をセーブして規則正しく生活したら症状が出なくなりました。

オススメのサイト

Copyright (C)2017症状が気になって病院に行ったら何でもなかった経験談.All rights reserved.