症状が気になって病院に行ったら何でもなかった経験談

症状が気になって病院に行ったら何でもなかった経験談

半年ほど前、腸の検査をした時のことです

■ 女性 40歳
半年ほど前、腸の検査をした時のことです。
毎年の健康診断の検便で、潜血があるので検査をした方がいいという結果が出てしまいました。
それまで再検査はしたことがなかったので、やりたくないなと思ったのですが、夫が「ガンだったらどうするの、検査しなきゃだめだよ」と言うので、渋々、近所の内視鏡検査をしているクリニックに行きました。

基本的な説明をされてから内視鏡検査の予約を入れるのですが、1か月近く先しか空いていないと言われてびっくりしました。
予約した時に、初日は検査ができないとは聞いていたのですが、まさかそんなに先になるとは思いませんでした。
「1か月も放っておいたら、ガンが進行してしまうのでは」と、検査の日までモンモンと思い悩むハメになってしまいました。

検査当日は、麻酔で寝ている間に検査が終わり、結果は「ところどころ炎症がありますが、問題ない」と言われ、安心した反面、「わざわざこんなに時間をかけて検査したのに、お金もけっこうかかったのに、ガンかもしれないって心配したのに」と、やるせない気持ちもありました。

そうは言っても何かあったら大変なので、検査はした方がいいと思います。健康であることのありがたさを実感したできごとでした。

オススメのサイト

Copyright (C)2017症状が気になって病院に行ったら何でもなかった経験談.All rights reserved.